現在の場所

平成30年2月のフォトニュース

海南市チームが大会史上初の3連覇達成

 2月18日(日曜日)、第17回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会が開催され、海南市代表チームは、1区から1度もトップを譲ることなく、見事に大会史上初の3連覇を果たしました。

 また、海南市オープンAチームは全体の4位相当、オープンBチームは全体の12位相当と、日頃の練習の成果を十分に発揮しました。

 選手の皆さん、監督、コーチを始め、サポートしてくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。

トップでゴール

 問い合わせ 教育委員会生涯学習課(電話073‐492‐3364)

職員防災訓練を実施しました

 2月10日(土曜日)、南海トラフ巨大地震の発生を想定した職員防災訓練を実施しました。

 当日は、テレビ局やラジオ局、和歌山大学、NPO法人などで構成された「和歌山県情報化推進協議会(WIDA)」との共催により、「臨時災害放送局」を設置し、被災者に向けた情報を発信する訓練や、巨大地震 命を守る情報をどう伝えるか」をテーマとした防災フォーラムを開催しました。

臨時災害放送局

被害状況集約訓練の様子

村上圭子さんが講演

 問い合わせ 危機管理課(電話073‐483‐8406)

第37回女性会チャリティー芸能大会を開催しました

 2月4日(日曜日)午後0時30分から市民会館ホールで、女性会会員によるチャリティー芸能大会を開催しました。

 会場に集まった約300人の来場者の皆さんは、女性会の皆さんが練習を重ねた様々な芸能を満喫。豊かな歌唱力に聴き入ったり、ユーモアあふれる発表に笑い声を上げたりと、存分に楽しんでいる様子でした。

各地区会長のリズムダンス

内海地区女性会のおゆうぎ

歌謡曲の発表

 問い合わせ 教育委員会生涯学習課(電話073‐492‐3349)

ページの先頭へ